第131回埋蔵文化財セミナー   終了しました

 

京都・三都城ものがたり

 

 埋蔵文化財セミナーは、京都府内で実施された発掘調査成果を分かりやすく説明し、府民の皆様に埋蔵文化財に対する一層の理解を深めていただき、文化財保護に寄与することを目的に開催しています。
  第131回埋蔵文化財セミナーでは、『京都・三都城ものがたり』と題して、恭仁宮・長岡京・平安京の近年の発掘調査の成果をもとにそれぞれの実像に迫ります。
 恭仁宮跡については、朝堂院南中心部分の調査成果から『続日本紀』記載行事との関係を考えます。
 長岡京跡については、右京六条二坊の調査で得られた成果から長岡京の条坊のあり方について報告します。
 平安京跡については、七条町界隈の土地利用のあり方とそこに居住した人たちの生活を考えます。
 京都府内に所在します三都城に関しての最新の調査成果報告により、文化財や考古学に対し、今まで以上に身近に感じていただけるのではないかと思っています。



日時

平成28年2月20日(土)

 
午後1時30分から

会場

長岡京市立産業文化会館 1階 大会議室

 
〒617-0826 京都府長岡京市開田3丁目10番16号

          【聴講無料】 お気軽にご参加ください


発表内容

 

  恭仁宮跡の発掘調査成果について-最古級の正月行事を示す遺構-
 
 
京都府教育庁指導部文化財保護課    副主査 
古川 匠
  長岡京跡の発掘調査成果について-右京第1117次調査を中心に-  
 
公益財団法人長岡京市埋蔵文化財センター  総括主査 
木村泰彦
  平安京跡の発掘調査成果について-左京八条三坊九町の調査-  
 
当センター  調査員 
福山博章

 

問い合わせ先

調査課企画調整係   電話 075-933-3877(代表)

アクセス図

 





アクセス

阪急京都線:「長岡天神」駅下車徒歩約5分、南東へ徒歩約200m

JR京都線 :「長岡京」駅下車徒歩約10分、南西へ徒歩約500m

阪急バス :「長岡天神南」バス停下車