第133回埋蔵文化財セミナー   終了しました

 

近年の発掘調査成果速報
-第30回小さな展覧会展示遺跡から-

 

 埋蔵文化財セミナーは、京都府内で実施した発掘調査の成果をわかりやすく説明し、府民の皆様に埋蔵文化財に対する理解を一層深めていただき、文化財保護に寄与することを目的に開催しています。 
 第133回埋蔵文化財セミナーは、向日市文化資料館で開催中の速報展示『平成26・27年度京都府内遺跡発掘調査成果速報』の展示の中から、特に注目された古墳時代に焦点をあて、発掘調査成果をわかりやすく解説します。
 まず、当調査研究センターが平成26年度に調査いたしました京田辺市松井横穴群の立地環境や副葬品から古墳時代の墓制について迫ります。
 また、公益財団法人向日市埋蔵文化財センターが平成25年度から平成27年度まで発掘調査を実施しました史跡五塚原古墳の最新調査成果について報告します。
 最後に、本展覧会の見どころについて分かりやすく解説します。



日 時

平成28年8月20日(土)

 
午後1時30分から
午後4時00分まで(開場午後1時)

会 場

向日市寺戸公民館 2階 大会議室

 
〒617-0002 向日市寺戸町初田18

          【聴講無料】 お気軽にご参加ください

        定員80名(当日先着順)
内 容

 

  「大型群集墳」としての松井横穴群
 
 
公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター  主任 
加藤雅士
  史跡五塚原古墳の調査研究課題  
 
公益財団法人向日市埋蔵文化財センター  事務局長 
梅本康広
  『第30回小さな展覧会』の見どころ  
 
公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター  調査員 
菅 博絵

 

  ※セミナー終了後、向日市文化資料館で
          『第30回小さな展覧会-平成26・27年度京都府内遺跡発掘調査成果速報-』の展示解説を行います。

 

問い合わせ先

調査課企画調整係   電話 075-933-3877(代表)

アクセス図


アクセス

阪急京都線:「東向日」駅下車 西へ徒歩約300m

JR京都線 :「向日町」駅下車 西へ徒歩約800m

     ※なお、 駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。